制作の流れ|ここにも!あそこにも!映像制作会社の仕事をCHECK

制作の流れ

ノマドワーク

「多くの人に、僕のタマネギの良さを知ってもらいたい」
そう考えるあなたは、映像制作会社に映像を作ってほしい旨を依頼することになります。
テレビで放映するのか、映画館で流すのか(最近は、映画本編が始まる前に新作の予告編とともにさまざまなコマーシャル映像を流す映画館が増えています)、あるいは街頭スクリーンや店頭小モニターで流すのか、映像イベントを開催するのか、どのような場面で見られる映像の制作を依頼するのか、人によってさまざまだと思いますが、映像制作会社に依頼して映像を作ってもらう、その流れ自体は同じです。
映像制作会社に依頼をするとき、まずは「ヒアリング」からすべてがスタートします。映像制作会社のスタッフさんとお話をして、あなたが伝えたいタマネギの素晴らしさを伝え、どんな映像を作りたいか、ちょっとした思い付きでもいいのでお話します。もちろん映像制作会社のスタッフさんはプロなので、あなたのイメージをもとにヒアリング結果を制作計画書に反映させ、見積書に反映させてくれます。
「こういう映像を作りますので、これほどのコストがかかります」と、そのあたりのことが計画書、見積書で明らかになります。
あなたがそれでOK!と判を押せば実際に撮影がスタートします。あなたのとっておきのタマネギをカメラの前に置き、映像制作のプロたちが考え出したプランに沿った映像作品づくりが行われていくのです……。